ホーム イベント 熊本TECH PLANTER 【実施報告】高専生、大学教...

【実施報告】高専生、大学教員、県内企業16チームがプランを発表!2017年度 熊本テックプランター キックオフを行いました。  

シェア

 2017年5月13日(土)に2017年度 熊本テックプランター キックオフを肥後銀行熊本駅前支店セミナールームにて開催いたしました。

 まず、昨年度の熊本テックプラングランプリ最終選考会で最優秀賞を獲得した株式会社サイディンの代表取締役社長の弘津津辰徳様による特別講演を行ないました。起業した経緯や、起業から現在までの約1年間の活動の軌跡、そしてこれからの目標についてお話いただきました。

 次に、各チームが5分間ずつのプレゼンテーションを行いました。当日は高専生、ポスドク、大学教員、県内企業など16チームが参加。発表プランはものづくりや医学、農学など多彩であり、各自が自らの技術をコアとしたビジネスプランを発表しました。

 プラン発表の後には、熊本県次世代ベンチャー創出支援コンソーシアムを代表して、株式会社リバネス取締役副社長CTOの井上より総評として「それぞれの研究の先にある世界がとても輝いています。ここ熊本から日本そして世界を変える技術が生まれてくると確信しました。皆さんひとりひとりが仲間であり、ぜひこのような機会を生かしてチームづくりやプランのブラッシュアップを続けてほしい。」というメッセージを送りました。

 交流会では各所で名刺交換が行われ、発表者同士あるいはパートナー企業やアカデミアの研究者や学生との交流する様子が見られました。このキックオフを通じて、新しい出会いや、連携の種を生み出すことができました。

 2017年度の熊本テックプランターのエントリーは6月10日(土)までです。「研究を社会実装したい!」、「情熱を持った方と一緒に新しいことに挑戦したい!」という研究者、学生の方々のエントリーをお待ちしております!

詳細はこちら→https://techplanter.com/kumamoto/

※熊本テックプランターとは

アグリ・バイオといった自然共生型産業などの創出に向けて、次世代技術と情熱をもって熊本から世界を変えようとする起業家を育成する創業支援プログラムです。リバネスのサイエンスブリッジコミュニケーターよるメンタリング、次世代ベンチャーコンテスト、ベンチャーのための勉強会、交流会などへの参加、投資プレゼンなどを通して、新しい一歩を踏み出そうとする方々が、パッションをぶつけ合い、理解し、反応し合いながら、様々なアイデアをかたちにしていくことを応援いたします。

リバネスは、熊本県・肥後銀行・熊本大学・熊本県工業連合会と「熊本県次世代ベンチャー創出支援コンソーシアム」を組成し、熊本テックプランターを運営しています。

詳細はこちら→https://techplanter.com/kumamoto/

 

【お問い合わせ先】

熊本県次世代ベンチャー創出支援コンソーシアム事務局(株式会社リバネス自然共生型産業研究所内、担当:福田)

住所:〒860-0862 熊本県熊本市中央区黒髪2-39-1 熊本大学くまもと地方産業創生センターベンチャー支援室

TEL:096-342-3288(内線)215 MAIL:[email protected]


返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here