ホーム イベント 第1回茨城テックプラングラ...

第1回茨城テックプラングランプリ 最優秀賞決定!

シェア

株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役:丸幸弘)は、多くの研究機関が集積している茨城県で、新たな産業を創出しうる科学技術やビジネスシーズを発掘するプログラム「IBARAKI TECH PLANTER(茨城テックプランター)」を開始いたしました。

2017年12月9日に(土)に実施された最終選考会では、選ばれし9チームのファイナリストによる熱いプレゼンテーションが展開されました。
会場投票および審査員による審査の結果、4つの企業賞とオーディエンス賞、そして最優秀賞が決定致しましたので、お知らせ致します。

【最優秀賞】

株式会社食機能探査研究所 (筑波大学)

世界初の科学的根拠に基づく妊活サプリの開発

 

 

【企業賞】

<協和発酵バイオ賞>
ADMIEXCOエンジン設計㈱(TCI)
200℃を作れる高温ヒートポンプ産業用熱源の開発

 

<三井化学賞>
㈱ Nextコロイド分散凝集技術研究所(TCI)
体温発電の可能性 -医療における人間の最終エネルギーの活用-

<日本ハム賞>
Plimes(筑波大学)
嚥下機能評価機器「GOKURI」

   

<リバネス賞>
クロロ・ドリームズ(茨城大学)
葉緑体のチカラで創る未来の社会

【オーディエンス賞】

高速脳波通信(産業技術総合研究所)
脳波テレパシー装置の開発

今回集まったチームは、その科学技術を活用してその解決や目指す未来の実現に向けて熱をもって取り組んでいました。参加されたパートナー企業た聴講者からも「改めて茨城県内の研究力・技術力の高さを認識した。」という声を多くいただきました。

この茨城テックプラングランプリ最終選考会を皮切りに、出場したチームはパートナー企業をはじめとした多くの賛同や支援が得られることになります。
茨城県にはまだまだ多くの技術シーズが存在し、その中には社会に実装されていないものも少なくないはずです。リバネスは、こうした技術を発掘し事業化を支援する取り組みを今後も続けてまいります。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here