ホーム Top News 第1回福島テックプラングラ...

第1回福島テックプラングランプリ 最優秀賞は「とまとくらぶ」

シェア

株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:丸幸弘)は、2019年2月9日(土)福島県の「リーディング起業家創出事業※」を受けて「第1回 福島テックプラングランプリ」を企画・運営いたしました。本取り組みには、福島県内の大学・工業高等専門学校から計15チームがエントリーし、当日は、9チームのファイナリストが福島県から世界を変える研究アイデアを熱くプレゼンテーションいたしました。

審査員による審査の結果、9つの企業賞と最優秀賞が決定いたしましたので、お知らせ致します。

企業賞

【最優秀賞】
とまとくらぶ(福島工業高等専門学校)
「植物体を利用した熟成遅延機能を持った青果用パッケージの製品化」
【クレハ賞、DNP賞】
とまとくらぶ(福島工業高等専門学校)
「植物体を利用した熟成遅延機能を持った青果用パッケージの製品化」
【リバネス賞】
薬用植物食品(奥羽大学)
「マルチタレント植物「カンゾウ」の栽培と、新規六次化健康製品の開発」
【NOK賞】
酵素エクスプローラー研究所(福島大学)
「酵素スクリーニングビジネス」
【日本ユニシス賞】
福島ウッドパワー(福島大学)
「木質バイオマスガス化発電を通した森林や農業による循環型経済の確立」
【リアルテックファンド賞】
エースバイオアナリシス株式会社(福島県立医科大学)
「タンパク質の電荷バリアントを迅速に分離分析する方法の実用化」
【ACSL賞、TBM賞】
KANA界面ラボ
「異種・同種材料を「真に接着可能」とする技術による材料革新」

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here