2016

第4回ディープテックグランプリ

最優秀賞

チーム名:海底熱水鉱床養殖
代表者:野崎達生
テーマ:海底熱水サイトから有用金属を抽出・回収・養殖する
概要:自然界に存在する海底温泉を対象とした掘削航海を実施し、海底熱水鉱床を養殖する装置を設置し、銅・鉛・亜鉛・金・銀に富む鉱石を養殖・生産する。日本の排他的経済水域内には、20を超える海底熱水サイトが存在しており、自国内からの金属資源の供給を目指す。

企業賞

ユーグレナ賞
チーム名:MikroRec
代表者:林大有
テーマ:顕微鏡病理診断の自動化による遠隔医療の実現

ヤンマー賞
チーム名:海底熱水鉱床養殖
代表者:野崎 達生
テーマ:海底熱水サイトから有用金属を抽出・回収・養殖する

JT賞
チーム名:株式会社aba
代表者:宇井吉美
テーマ:必要な時に必要な介護を。排泄検知システムLifi(リフィ)

サントリー賞
チーム名:株式会社aba
代表者:宇井吉美
テーマ:必要な時に必要な介護を。排泄検知システムLifi(リフィ)

三井化学賞
チーム名:インデント・プローブ・テクノロジー
代表者:名倉 義幸
テーマ:顕微インデンター:新素材の各種機械特性を迅速に評価できる測定装置

日本ユニシス賞
チーム名:株式会社Eサーモジェンテック
代表者:岡嶋道生
テーマ:未利用排熱を活用したフレキシブル熱電発電モジュール

オムロン賞
チーム名:株式会社マイクロエミッション
代表者:山本保
テーマ:液体中の元素濃度の連続モニタリング

ロート賞
チーム名:インテリジェント・サーフェス株式会社
代表者:切通 義弘
テーマ:生体親和性に優れたMPCポリマーで世界を変える

THK賞
チーム名:株式会社フェニックスソリューション
代表者:金岡久夫
テーマ:世界初!金属の裏側からも読み取り可能なRFIDの開発、製造、大量普及

Garage Sumida賞
チーム名:PDエアロスペース株式会社
代表者:緒川 修治
テーマ:民間主導のロケット開発および宇宙事業の展開

第3回バイオテックグランプリ

最優秀賞

チーム名:株式会社マイオリッジ
代表者:牧田直大
テーマ:iPS-心筋細胞の実用化と事業化
概要:iPS細胞由来の心筋による再生医療・創薬応用は現在急速に実用化開発が進められているが、産業応用にあたってコストとロット差がハードルとなる。マイオリッジはiPS細胞から独自のプロセスで心筋を誘導し、培地コストを100分の1に削減し、安定に大量生産することに成功した。

企業賞

ユーグレナ賞
チーム名:Translational Food Mdicine
代表者:辻 典子
テーマ:ヒトフローラマウスを利用した免疫評価と栄養指導:カスタムメイド型ヘルスケアサービス

ヤンマー賞
チーム名:株式会社セルファイバ
代表者:安達 亜希
テーマ:細胞のひもで実現するバイオ機能繊維産業

JT賞
チーム名:株式会社サイディン
代表者:弘津辰徳
テーマ:シクロデキストリンを基盤分子とした医薬品および機能性食品の創製

サントリー賞
チーム名:株式会社セルファイバ
代表者:安達 亜希
テーマ:細胞のひもで実現するバイオ機能繊維産業

三井化学賞
チーム名:Two Pore Guys
代表者:Dan Heller
テーマ:独自ナノポア技術を活用した簡易迅速生体物質検出デバイス

日本ユニシス賞
チーム名:株式会社マイオリッジ
代表者:牧田直大
テーマ:iPS-心筋細胞の実用化と事業化

𠮷野家賞
チーム名:Translational Food Mdicine
代表者:辻 典子
テーマ:ヒトフローラマウスを利用した免疫評価と栄養指導:カスタムメイド型ヘルスケアサービス

オムロン賞
チーム名:エルピクセル株式会社
代表者:島原佑基
テーマ:科学を加速させるAI~クラウド活用したライフサイエンス研究画像解析~

ロート賞
チーム名:株式会社マイオリッジ
代表者:牧田直大
テーマ:iPS-心筋細胞の実用化と事業化

グローカリンク賞
チーム名:シンクランド株式会社
代表者:宮地 邦男
テーマ:「光渦レーザー」を利用した、インスリン注入用マイクロニードルの事業化

第3回アグリテックグランプリ

最優秀賞

チーム名:アンフローズン
代表者:河原秀久
テーマ:過冷却下における革新的未凍結保存技術の開発
概要:冷凍による品質低下が問題となっていた生鮮食品に対して、関西大学で発見した過冷却促進物質を活用することで氷点下かつ未凍結状態での保存を実現した。本技術を使えば高品質な農作物を海外へも輸出できるほか、畜産・水産業界の卵子や卵の未凍結保存にも展開できる。

企業賞

ユーグレナ賞
チーム名:グリーンサイエンス・マテリアル株式会社
代表者:金子 慎一郎
テーマ:日本固有藍藻スイゼンジノリを利用した事業

ヤンマー賞
チーム名:QBeef
代表者:後藤貴文
テーマ:QBeefの生産パッケージ構築~牛肉生産の新しいかたち~

JT賞
チーム名:Gryllus
代表者:渡邉崇人
テーマ:世界の食糧問題を昆虫科学で解決する
サントリー賞
チーム名:パワーアシストインターナショナル株式会社
代表者:八木栄一
テーマ:パワーアシストスーツの事業化

三井化学賞
チーム名:PLANT DATA JAPAN株式会社
代表者:北川寛人
テーマ:植物の声を聴く栽培環境制御技術

日本ユニシス賞
チーム名:アンフローズン
代表者:河原秀久
テーマ:過冷却下における革新的未凍結保存技術の開発

𠮷野家賞
チーム名:Super Sonic Bio-Laboratory
代表者:尾田 正二
テーマ:食の安全から安心へ~家庭用超音波食品洗浄機の開発と社会実装~

オムロン賞
チーム名:株式会社炭化
代表者:入江康雄
テーマ:竹炭・日本茶・光触媒による青果物・花卉類の長期鮮度保持剤及び保持システム

ロート賞
チーム名:Algal Biomass
代表者:Noraiza Suhaimi
テーマ:ヤシ油産業の廃棄物POMEを培地に有効活用し、微生物から化粧品を生産する

グローカリンク賞
チーム名:ライステクノロジーかわち株式会社
代表者:橋本康治
テーマ:新規食品素材“米ゲル”の量産化および高付加価値食品の開発と普及

2015

第3回テックプラングランプリ

最優秀賞
4Dセンサー株式会社
柾谷 明大
高速検査装置「シャドーモアレカメラ」の事業化

JT賞
株式会社JUICE DESIGN
諫山 太郎
ナチュラルインターフェース関連の開発

オムロン賞
4Dセンサー株式会社
柾谷 明大
高速検査装置「シャドーモアレカメラ」の事業化

吉野家賞
Virtual Taste
Nimesha Ranasinghe
電気による味覚再現デバイスTaste+

ロート賞
株式会社ニューロスペース
小林 孝徳
簡易脳波計および睡眠解析アルゴリズムが実現するヘルスケアイノベーション

ユーグレナ賞
こみゅぱ技研株式会社
原 好彦
流体利用による双安定型非線形振り子発電機

日本ユニシス賞
株式会社クァンタリオン
根岸 邦彦
コピー不可能な多機能認証素子、クァンタリオの試作

GARAGE SUMIDA賞
Sci.On 長尾 太介
Music x Science

グローカリンク賞
TRYBOTS
近藤 那央
ペンギン型羽ばたき推進水中ロボットプラットフォーム:もるペン!

第2回バイオサイエンスグランプリ

最優秀賞
Arrowsmith
テーマ名:人工ファージで世界を救う

JT賞
Vivo Diagnostics
World’s first saliva-based rapid test kit for Hand, Foot and Mouth Disease/世界初、唾液を用いた手足口病迅速診断キット

ロート賞
オリゴジェン(OligoGen)
新規ヒト神経幹細胞を用いた中枢神経疾患に対する再生医療製品の開発及び同細胞を用いた創薬の事業化

日本ユニシス賞
株式会社アラヤ・ブレイン・イメージング, 金井良太
脳画像解析技術を応用した病症診断および個人の特性分析及び意識を持った人工知能の開発

ユーグレナ賞
株式会社Rhelixa, 仲木竜
エピゲノムを読み解き、あらゆる人が分子レベルで生体機能を管理できる社会の実現

第2回アグリサイエンスグランプリ

最優秀賞
Shojin Meat Project 羽生雄毅
テーマ名:細胞培養による食糧生産へ

吉野家賞(2チーム受賞)
マリンナノファイバー 伊福伸介
カニ殻由来の新素材「キチンナノファイバー」を活用した新規な地域産業の創出
海洋有用微生物 今田千秋
天然由来酵素阻害剤による生鮮食品の変色防止

オムロン賞
Kisvin Science株式会社 西岡一洋
植物生理生態学に基づいたワインブドウ栽培支援IoT

三菱ガス化学賞
バイオサーモメーター 濱田奈保子
品質可視化ツールを用いた食品の適正流通システムの 実現とフードロス削減

ロート賞
Shojin Meat Project 羽生雄毅
細胞培養による食糧生産へ

ユーグレナ賞
微生物触媒工学 原富次郎
微生物触媒によるあたらしい農薬

森下仁丹賞
微生物触媒工学 原富次郎
微生物触媒によるあたらしい農薬

JT賞
Kisvin Science株式会社 西岡一洋
植物生理生態学に基づいたワインブドウ栽培支援IoT

日本ユニシス賞
株式会社ファームシップ 安田瑞希
農業データサイエンスを基盤とした植物工場技術と グローバル農産物流通システムの確立

2014

第2回テックプラングランプリ

<最優秀賞>
Tech Planter賞・副賞 JAL賞: MOLCURE「分子生物学分野における IoTプラットフォーム」

<企業賞>
JT賞:犬パシー「犬の感情を可視化できるデバイス」
ABBALab賞:U-Makers「新感覚エンターテイメント用プラットフォーム」
AZAPA賞:PILE「小中学生のためのプログラミング教育プラットフォーム」
EY賞:Akerun「カギを自動で開閉するスマートデバイス」
Garage Sumida賞:MOLCURE「分子生物学分野における IoTプラットフォーム」
ユーグレナ賞:AKT技術研究所「材料科学からのものづくりひとづくり」
リバネス賞:UltraWind「次世代の冷却技術」

第1回バイオサイエンスグランプリ

最優秀賞:賞金30万円+ラボスペースの提供
MetaGen(福田真嗣):「便から生み出す健康社会」
ロート製薬賞:賞金20万円
ミューパッド(松浦宏治):「精子数と運動性を簡単に検査できる試験紙デバイス」
シグマ アルドリッチ賞:賞金20万円
株式会社PROVIGATE(加治佐平):「非侵襲糖値測定器の製造および販売事業」
三井不動産賞:KOILのフリースペース1ヶ月無料使用権
Molcure(小川隆):「人口知能を用いた次世代創薬エンジンAbtracer」
ユーグレナ賞:賞金20万円
生物研(亀田恒徳):シルク医療素材

第1回アグリプレナーグランプリ

最優秀賞:チームiChigo(代表者 柏嵜勝)
テーマ名:iChigoブランドで世界に挑戦

ロート賞:あきさわ園(代表者 秋澤史隆)
テーマ名:Let’sみんなで里山あそび♪
吉野家賞:Alternative Food Party(代表者 加藤貴之)
テーマ名:ダチョウ肉生産による自給率向上
オムロン賞:aolemon(代表者 上野肇)
テーマ名:IT×農業=ブランディング
養老乃瀧賞:フーディソン(代表者 山本徹)
テーマ名:ITを活用した水産流通プラットフォームの再構築
ユーグレナ賞:該当なし

第1回テックプラングランプリ

最優秀賞

【清水敦史】:次世代風力発電機の開発販売及び電力卸売事業

 

ABBALab賞(賞金20万円)
【PhysVis】:スマートフォン対応光る地球儀

 

JT賞(賞金20万円)
【メルティンMMI】 :筋電義手

 

JINS賞(賞金20万円/JINS商品)
【全日本重工業】:軽自動車の水陸両用釣り船化プロジェクト

 

EY賞(eラーニング無料受講)
【清水敦史】:次世代風力発電機の開発販売及び電力卸売事業