最新ニュース

滋賀テックプラングランプリ最終選考会 最優秀賞は「龍谷大学環境DNAラボ」

株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役:丸幸弘)は、滋賀発成長産業発掘・育成コンソーシアムに参画し、県内の理工系大学や第二創業を目指す企業などから、"モノづくり"や"水・環境"等の分野に関連したビジネスシーズを発掘し、事業化に向けたハンズオン支援をする「滋賀テックプランター」を運営しております。 2017年度は、合計24件のエントリーチームから、選考を経て9チームのファイナリストが勝ち残りました。そして2017年7月15日に実施された最終選考会では、ファイナリストたちの熱いプレゼンテーションが展開されました。 審査員による審査および会場投票の結果、最優秀賞、オーディエンス賞、7つ...

オリィ研究所、七夕に分身ロボットOriHimeバージョンアップを発表

株式会社オリィ研究所(リアルテックベンチャーオブザイヤー2015受賞)は、7月7日、新しいバージョンの分身ロボットOriHimeをリリースした。(リリース) 分身ロボットOriHimeはテレワークや遠隔教育でのコミュニケーションツールとして使われているが、パソコンにUSBで接続する必要があったため、用途によっては「持ち運びにくい」「毎回パソコンを起動するのが大変」という要望があったという。 そこで、新バージョンのOriHimeではこれまでユーザがパソコンで行っていた処理を内蔵し、単体での利用を可能とした。インターネット環境を用意し初回のセットアップさえすれば、あとは電源につなぐだけで自動で...

スペイシーがスマートロックの「Akerun」に対応し、鍵管理を自動化。無人での遊休スペースの活用が可能に

フォトシンス(リアルテックベンチャーオブザイヤー2016スタートアップ部門受賞)が新しい連携を発表しました。 以下リリース抜粋 法人向け後付けスマートロック「Akerun」を提供する株式会社フォトシンス(東京都品川区、代表取締役社長 河瀬航大)は、会議室のシェアサービスを提供する株式会社スペイシー(東京都目黒区、代表取締役 内田圭祐)とサービス連携したことをお知らせします。 スペイシーが運営する会議室のシェアサービス「スペイシー」を利用時にAkerunで鍵管理が可能になり、利用者は利便性が向上すると共に、会議室の提供者は無人運用が可能になります。

TRYBOTS代表 近藤那央氏、2017年度 第12回「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」日本特別賞を受賞

TRYBOTS(第3回テックプラングランプリ グローカリンク賞受賞)の代表の近藤さんが賞を受賞しました。 以下リリース抜粋 「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本特別賞」 2010年に創設され、科学をはじめ教育の分野への夢と希望を多くの人々に与えるとともに、社会的発信力があり、若い女性のロールモデルとなる個人または団体を表彰しています。本年度の「ロレアル‐ユネスコ女性科学者 日本特別賞」には、ロボットいきもの工房TRYBOTS代表 近藤那央氏に決定しました。 近藤那央氏は、「人間の社会に溶け込む未来型ロボット」を創ることを目指し、ロボットのなかでも難易度の高い水中ロボットに挑戦し、高校時から...

雑誌「コマーシャル・フォト」に掲載

玄光社が発刊する雑誌「コマーシャル・フォト」に、当社執行役員CKOの長谷川がテックプランター支援先のアドバンスト・キー・テクノロジー研究所の阿久津社長とともに紹介されました。 吉田尚記のあさっての話、というコーナーにおいて阿久津社長が材料の魅力を熱く語っています。 コマーシャル・フォト 2017年8月号

【速報】徳島テックプラングランプリ2017最終選考会 最優秀賞は工業界に革新を創出する知的レーザ計測機器開発チーム

徳島次世代科学技術産業創出事業実行委員会(構成:徳島大学、徳島県、阿波銀行、とくしま産業振興機構)は、株式会社リバネスを企画・運営として、大塚製薬株式会社、日本たばこ産業株式会社、株式会社アプロサイエンスをパートナー企業として、創業支援プログラム「TOKUSHIMA TECH PLANTER(徳島テックプランター)」を開催しています(2017年6月27日付リリース)。 合計17件のエントリーがあり、選考を経て、9チームのファイナリストが勝ち残り、2017年7月8日(土)に「徳島テックプラングランプリ2017」を開催いたしました(2017年6月29日付リリース)。 開催当日は、ファイナリストたち...

2017シーズン ダイヤモンドパートナー