TECH PLANTERとは

テックプランターは、科学技術の社会実装を目指す、研究者やベンチャー企業のためのプラットフォームです。大学や研究機関、企業の研究所では科学技術の「種」が日々開発されていますが、実用化に向けて芽を出す前から埋もれてしまっているものがあります。これを発掘し、ビジネスまで芽吹かせるプランターとしての役割を持っています。リバネスは研究者自身の課題意識やパッションを引き出し、会社設立前から支援します。会社設立にあたっては、大学、省庁、町工場、事業会社、投資家、専門家とのネットワークを活かして事業構想をブラッシュアップします。また、事業会社のトップへのプレゼンが可能なデモデーを開催します。会社化した後は、シード資金の投資や、助成金獲得の支援、町工場での試作支援などを通じ、大手事業会社との連携を目指した活動を本格化させます。

対象領域

「リアルテック」という、地球と人類の課題解決に資する研究開発型の革新的テクノロジーを支援します。 ものづくり、ロボティクス、モビリティ、人工知能、素材、バイオ、医療、ヘルスケア、食、農業、海洋開発、資源、環境、エネルギーなどの領域で、独創的な発想を募集しています。

科学技術の社会実装を目指していますか?

メンバー登録を行なうことによって、事業の相談や、デモデーへの参加申請を行なうことができます。ご登録はこちらより

TECH PLANTER メンバー

株式会社チャレナジーは、「風力発電にイノベーションを起こし、全人類に安心安全な電気を供給する」をビジョンに掲げ、2014年1月に第1回テックプラングランプリ(現 ディープテックグランプリ)にて最優秀賞を受賞し、2014年10月に創業。その後、2015年12月に500万円の事業投資を受ける権利を行使。2016年11月にリアルテックファンドから資金調達を実施しました。垂直軸型マグナス風力発電機をコアテクノロジーに持ち、現在は、10kW機の開発に取り組んでいます。

株式会社メタジェンは、「便から始まる健康社会 」をビジョンに掲げ、2015年1月に第1回バイオサイエンスグランプリにて最優秀賞を受賞、2015年3月に会社設立しました。2017年2月に500万円の事業投資を受ける権利を行使。現在は、メタボロゲノミクス解析技術をコアテクノロジーに持ち、現在は、腸内環境をデザインすることに取り組んでいます。

KAKAXI Inc. は、「 一次産業を情報産業と融合し、持続可能な産業とする」をビジョンに掲げ、2014年12月に創業。創業前の2014年11月には、アグリプレナーグランプリ のファイナリストに選出されました。2015年に、エンジェル投資家、リバネスアメリカ子会社等から資金調達を実施。現在は、独自のセンサリングデバイスをコアテクノロジーに、食べ物をモノとして消費するだけではなく、その生産過程にある情報を付加することで価値を向上させ るというコンセプトの農地モニタリングデバイスの開発と販売に取り組んでいます。

エントリー総数299、ファイナリスト総勢105

Since 2014 to 2016